*

車の回送

オークションなどで車を買った場合、ナンバー(車検)が付いている状態であるとは限りません。

ナンバーがない場合は、そのままでは自走することはできませんので、陸送会社に依頼して運んでもらうか、仮ナンバーを用意して運んでくることになります。

陸送会社は大手から個人で積載車を持っているようなところまで色々とありますが、一般のユーザーが利用する場合と比べて同じ距離でも安くなります。

ゼロ
https://www.zero-group.co.jp/

トヨタ輸送
http://www.toyotayusou.co.jp/

安くなるとは言っても例えば千葉から東京などでも1万円程度はかかりますので、近距離であれば特に自分で運んだ方が安上がりになります。

その場合は仮ナンバー(自動車臨時運行許可番号票)を市区町村役場で借りることになります。
誰でも借りることはできますが、一時抹消されている場合は「登録識別情報等通知書」、車検切れの場合は「車検証」が必要(コピー可)で、かつ自賠責保険がかかっていなければダメです(本証が必要)。
その他、お約束の本人確認書類(免許証とか)が必要です。

仮ナンバー
↑世田谷区のHPにあった画像です。

仮ナンバーを借りること自体は、書類を揃えて役所に行き、申請書類に記入、捺印(つまり認印も必要)して750円だったと思いますが、手数料を支払えば良いだけです。

借りることができる期間は5日間とされていますが、何のためにどこからどこまで回送するかを申請書に記入しなければなりませんので、例えば「陸運局に新規登録に行く」と言う理由で許可されるのは「1日」になります。
返却は5日以内ですが、日時と経路が記載された紙が仮ナンバーと一緒に交付されますので、それ以外の日時、経路で運行することはできません。

別の車に付けて走ることももちろんダメです(実際はやっている人が多いですが)。
また、空車での運行となっていますので、複数人が同乗することも本来はダメです。

オークションで購入した場合には、すぐに車検証のコピーが手に入るとも言えませんし、自賠責を短期で毎回入れるのも不経済です。

なので、ナンバーの付いた車検残りのある車を買った時以外は陸送を頼んだ方が間違いはありません。

ibc336

関連記事

古物商許可証

古物商の許可申請 その3

その2の続きです。 書類が揃ったら古物商の営業所を置く管轄の警察署に申請します。 許可をする

記事を読む

開業届け

とりあえず中古車販売をはじめてみようと考えるのであれば、まずは管轄の税務署に「開業届け」を出しましょ

記事を読む

ローン

オートローン

中古車を販売するのであれば、オートローンの取り扱いは必須でしょう。 銀行や信販会社から直接ユーザー

記事を読む

as net

AS NET

前回書いたアイオークも良いんですが、AS NETの方がサービスとしては良いです。 http:/

記事を読む

オークション入会

オークションに加入するには?

最初からオークション、オークションと書いていますが、ヤフオクなどの一般ユーザーが参加できるものではな

記事を読む

商談成功

広告

車を仕入れることができても、それだけでは一銭も儲かりません。 仕入れた車を転売することで初めて利益

記事を読む

古物商許可申請書

古物商の許可申請 その1

開業届けとどちらが先でも構わないのですが、中古車を扱うのであれば古物商の許可を取らなければなりません

記事を読む

仕入れ

仕入れはどこから?

古物商申請が許可されれば中古車を扱って商売として利益を上げる準備ができたことになります。 ただ

記事を読む

中古車相場

中古車の相場価格

中古車に限らず、ある程度の数量が流通する中古品には相場ができます。 これは、かんたんに言えば「その

記事を読む

USS

USS

現状規模が一番大きく中古車相場に最も大きな影響を与えているのはUSSだと思います。 http://

記事を読む

ibc336

PREV
AS NET
NEXT
名義変更

ibc336

タイヤのコストは意外と大きい

仕入れた車のタイヤがツルツルで交換が必要というケースもあります

JAF

引き続きメンテナンスの話です。 「バッテリーが上がって動

工場の選び方は?

メンテを請け負った場合の工場の選び方ですが、 基本的にはユー

メンテナンスはどうする?

車を販売すれば必ずついて回るのが「メンテナンス」です。

もっとかんたんなホームページ作成方法

前回ホームページを作るならWordpressがかんたんですと書きました

→もっと見る

PAGE TOP ↑