*

色々なオークション会場

USSがメインであることは間違いないのですが、その他にもたくさんのオークションが開催されています。

いくつか有名なところを挙げてみたいと思います。

オークネット
https://www.aucnet.co.jp/car/index.html

TVオークションで、現車を出品店の手元に置いたまま出品が可能。
検査は最近カーセンサーの評価などもしているAISが行っています。
20年前くらいは専用のパラボラアンテナを立ててましたが今はインターネット回線で接続可能です。
現車を動かさなくても良いことから特に輸入車の高額車両に良い車がありましたが、現状は縮小傾向だと思います。

ホンダオートオークション
http://www.honda-uc.com/auction/index.shtml

ホンダが開催しているオークションで、出品できるのはホンダ販売店のみです。
当たり前ですがホンダ車が多いです。

TAA
https://taaweb.jp/

こちらはトヨタが運営しているオークションです。
聞いたところ食事がおいしいらしいです^^;

JU
http://www.jucda.or.jp/

一般社団法人日本中古自動車販売協会連合会の略でJUです。
各地に支部があります。
設立が古いので昔からある車屋(修理工場も)は加入していることが多いです。

JAA/HAA
http://www.jaa.jp/jaaweb/JFC0/JFC01700.aspx

JAAは東京、ZIP大阪、HAA神戸と別の会場でしたが、大手に押されてまとまりました。
出品台数はまとまってもあまり多くはありません。

LAA
http://www.laa-group.jp/

岡山発で関西と四国にも会場があります。

この他にもオリックス自動車のリースアップ車などの入札会や日産系の入札会など、一番高値を指せば買える入札会も行われていますし、バンやトラックがメインのオークションもあります。

自分が扱いたい、または得意なメーカー、車種があれば、それが得意なオークションに加入することは有効でしょう。

また、「誰でもかんたんに…」系の商材で紹介されていることが多いアイオークもメリットがあります。
https://www.iauc.co.jp/pv/top1.html

アイオーク

上に挙げたオークションは全て網羅していて、選択した会場を横断してほしい車を探すことができます。
以前は指値の入札のみでしたが、現在はリアルタイムでオークションに参加することもできるようになっています。

ただし、わかりやすく言ってしまえばオークション代行なので、現車会場に実車を見に行ったりすることはできません。

また、同じく代行なので落札料は通常の会員よりも当然高くなります。
ただ会費自体は月額10,000円もしませんので、相場を見る意味で入っておいても損はないと思います。
と言っておきながら私はやめてしまいましたが…

一番のメリットとしては、入会が比較的かんたんにできると言うことでしょう。
あくまでも代行なので保証金も必要ありませんし、古物商の許可さえあれば店舗も必須ではありません。
最初はここしかないと言えなくもありませんが、落札料が高く、落札した車を取りに行くこともできませんので陸送費用も考えて買わないと思わぬ出費になることもあります。

ibc336

関連記事

中古車相場

中古車の相場価格

中古車に限らず、ある程度の数量が流通する中古品には相場ができます。 これは、かんたんに言えば「その

記事を読む

オークション入会

オークションに加入するには?

最初からオークション、オークションと書いていますが、ヤフオクなどの一般ユーザーが参加できるものではな

記事を読む

古物商許可証

古物商の許可申請 その3

その2の続きです。 書類が揃ったら古物商の営業所を置く管轄の警察署に申請します。 許可をする

記事を読む

開業届け

とりあえず中古車販売をはじめてみようと考えるのであれば、まずは管轄の税務署に「開業届け」を出しましょ

記事を読む

USS

USS

現状規模が一番大きく中古車相場に最も大きな影響を与えているのはUSSだと思います。 http://

記事を読む

古物商の許可申請 その2

古物商の許可申請 その1の続きです。 申請書に添付して提出しなければならない書類があります。

記事を読む

仕入れ

仕入れはどこから?

古物商申請が許可されれば中古車を扱って商売として利益を上げる準備ができたことになります。 ただ

記事を読む

商談成功

広告

車を仕入れることができても、それだけでは一銭も儲かりません。 仕入れた車を転売することで初めて利益

記事を読む

名義変更

名義変更

オークションで仕入れた車で車検が残っている車の場合は、落札日の翌月末までに名義変更をしなければなりま

記事を読む

as net

AS NET

前回書いたアイオークも良いんですが、AS NETの方がサービスとしては良いです。 http:/

記事を読む

ibc336

PREV
USS
NEXT
AS NET

ibc336

タイヤのコストは意外と大きい

仕入れた車のタイヤがツルツルで交換が必要というケースもあります

JAF

引き続きメンテナンスの話です。 「バッテリーが上がって動

工場の選び方は?

メンテを請け負った場合の工場の選び方ですが、 基本的にはユー

メンテナンスはどうする?

車を販売すれば必ずついて回るのが「メンテナンス」です。

もっとかんたんなホームページ作成方法

前回ホームページを作るならWordpressがかんたんですと書きました

→もっと見る

PAGE TOP ↑