*

USS

公開日: : 中古車販売のはじめ方

現状規模が一番大きく中古車相場に最も大きな影響を与えているのはUSSだと思います。
http://www.ussnet.co.jp/index.html

USS

全国15会場で開催されていて、出品台数は直近で一月18万台にもなります。

現車オークションですので、入会をすればオークション当日に現車を直接見て入札するかどうか決めることができます。
が、遠い会場や忙しくて会場まで行けない場合は、インターネットを使ったライブオークションも利用できます。

ただし、ライブやネットで事前に出品車を確認するためにはCIS情報サービスにも加入しなければなりません。
http://www.cis6200.jp/cis/nins.asp

CISは利用していなくても会場まで早朝から行って出品票をチェックすれば大丈夫ではありますが、現実的には必須のサービスだと思います。
月々1万円ちょっとです。

前回書いた通りに古物許可から1年以上の期間が経過している必要もありますし、事務所と展示場もないと入会できませんが、正直に言ってUSSに入らないで中古車販売をすることは考えられません。

買取価格などを調べるときにも、出品台数が多いのでよほどの希少車でもない限り同じような車が出品、落札されていますので、そのデータを考慮して値付けをすればほとんど怪我はありません。

次回はその他のオークションについてです。

ibc336

関連記事

商談成功

広告

車を仕入れることができても、それだけでは一銭も儲かりません。 仕入れた車を転売することで初めて利益

記事を読む

ローン

オートローン

中古車を販売するのであれば、オートローンの取り扱いは必須でしょう。 銀行や信販会社から直接ユーザー

記事を読む

仕入れ

仕入れはどこから?

古物商申請が許可されれば中古車を扱って商売として利益を上げる準備ができたことになります。 ただ

記事を読む

古物商許可証

古物商の許可申請 その3

その2の続きです。 書類が揃ったら古物商の営業所を置く管轄の警察署に申請します。 許可をする

記事を読む

開業届け

とりあえず中古車販売をはじめてみようと考えるのであれば、まずは管轄の税務署に「開業届け」を出しましょ

記事を読む

オークション入会

オークションに加入するには?

最初からオークション、オークションと書いていますが、ヤフオクなどの一般ユーザーが参加できるものではな

記事を読む

名義変更

名義変更

オークションで仕入れた車で車検が残っている車の場合は、落札日の翌月末までに名義変更をしなければなりま

記事を読む

as net

AS NET

前回書いたアイオークも良いんですが、AS NETの方がサービスとしては良いです。 http:/

記事を読む

古物商許可申請書

古物商の許可申請 その1

開業届けとどちらが先でも構わないのですが、中古車を扱うのであれば古物商の許可を取らなければなりません

記事を読む

仮ナンバー

車の回送

オークションなどで車を買った場合、ナンバー(車検)が付いている状態であるとは限りません。 ナン

記事を読む

ibc336

ibc336

タイヤのコストは意外と大きい

仕入れた車のタイヤがツルツルで交換が必要というケースもあります

JAF

引き続きメンテナンスの話です。 「バッテリーが上がって動

工場の選び方は?

メンテを請け負った場合の工場の選び方ですが、 基本的にはユー

メンテナンスはどうする?

車を販売すれば必ずついて回るのが「メンテナンス」です。

もっとかんたんなホームページ作成方法

前回ホームページを作るならWordpressがかんたんですと書きました

→もっと見る

PAGE TOP ↑