*

中古車販売は儲かるか?

公開日: : 中古車ビジネス

基本的に街の物販店と同じですので、売れれば儲かります。
さらに扱う商品が「自動車」ですので、単価が高く原価率次第ではありますが、台当たりの利益は高い部類だと思います。不動産には及びませんが。

ただし、一昔前と違ってガリバーなどの買取店が発達したこと、業者間のオークションが発達したこと、さらにインターネットが当たり前になり一般ユーザーが販売価格の相場をかんたんに検索できるようになったことで、相場より安く買うことも、相場より高く売ることも難しくなっています。

仕入に関しては、もう圧倒的に業者オークションに頼っているところが多いですが、人気のある仕入れたい中古車は当然ですが競合しますので、買えたとしても価格はある一定の価格帯までは確実に上がります。
これが相場ですが、例えばその車を欲しがっている顧客を抱えている中古車販売店は、相場より多少高くても落とせるまで入札をすることがあります。

販売に関しては、これも当然ですが「中古車を買う人」を見つけなくてはいけません。
その方法として、以前は「店舗を構えて」「在庫車をたくさん持って」「雑誌などに広告を出して」買いに来てくれるのを待つことが一般的でした。
なので、ある程度の資金力がないと参入することが難しかったわけですが(1台50万の車でも10台在庫すれば500万です)、ユーザーがネットで中古車を探すことが、カーセンサーなどの紙媒体で探すことよりも多くなったことで広告費用をそれほどかけなくても、ある程度の集客はできるようになりました。

ネットなので全国のユーザーに情報を届けることができますし、極端なことを言ってしまえば「持っていない車」でも売ることもできます(写真を載せるだけですので)。
ホームページを作れて、競争は激しいですが上位表示ができれば、自社のホームページだけでも集客が可能です。

こう書くと敷居は随分と下がると思います。
ただ、考えることはみんな同じですので、相場よりも高い車は見向きもされません(希少車とかは別ですが)。
ヤフオクは安価で全国大勢のユーザーにアプローチできる手段ですが、これも高ければまったく入札されません。

と言うことで、一般的な相場よりも安く売ることができなければ、そもそも勝負になりません。
ただし、個人や少人数で営業する利点として、経費が大規模な中古車販売店よりも圧倒的に少ないことがあげられます。
つまり、余計な費用を原価に載せる必要がありませんので、台当たりの大きな利益を求めなければ小規模でもやっていける可能性はあるわけです。

副業レベルであれば、さらに敷居は下がりますので、まずはどんなものかやってみるということはありでしょう。

ibc336

関連記事

車

中古車輸出ビジネス

最初にお断りしておきますが、私自身はやったことはありません。 あくまでも知人に聞いた話です。

記事を読む

タイヤのコストは意外と大きい

仕入れた車のタイヤがツルツルで交換が必要というケースもあります。 ネットで出品票を見ただけ

記事を読む

メンテナンスはどうする?

車を販売すれば必ずついて回るのが「メンテナンス」です。 ちゃんと定期点検をする人は少な

記事を読む

札束

個人事業主と法人化

個人事業主として車を売っていても正直あまり困ることはありません。 オークションにも加入できますし、

記事を読む

工場の選び方は?

メンテを請け負った場合の工場の選び方ですが、 基本的にはユーザーの予算、希望によって工場を

記事を読む

青いビートル

紹介販売

副業でも本業でも「中古車販売をはじめた」と友人、知人、親戚等々に話をすると、最初は比較的簡単に「紹介

記事を読む

JAF

引き続きメンテナンスの話です。 「バッテリーが上がって動かない!」 けっこう多い

記事を読む

ibc336

ibc336

タイヤのコストは意外と大きい

仕入れた車のタイヤがツルツルで交換が必要というケースもあります

JAF

引き続きメンテナンスの話です。 「バッテリーが上がって動

工場の選び方は?

メンテを請け負った場合の工場の選び方ですが、 基本的にはユー

メンテナンスはどうする?

車を販売すれば必ずついて回るのが「メンテナンス」です。

もっとかんたんなホームページ作成方法

前回ホームページを作るならWordpressがかんたんですと書きました

→もっと見る

PAGE TOP ↑